• HOME
  • ブログ
  • NEWS
  • プラスチック問題解決のカギは? 材料科学者たちの3つの答え

プラスチック問題解決のカギは? 材料科学者たちの3つの答え

3つのアイデア
NEWS

世界中で問題になっているマイクロプラスチック汚染。

日常的にプラスチックを扱っている材料科学の専門家たちに、その解決策をインタビューした記事がScientific Americanに掲載されています。

彼らは、問題の解決には主に3つのステップが必要だと考えています。

【STEP1】不要な使い捨てプラスチック製品を大幅に削減する

短期的な取り組みとしては、ペットボトル、レジ袋、ストロー、使い捨てカトラリー(スプーン・フォーク・ナイフ)、プラスチックでライニングされた紙コップなど、便利さだけを求めて、たった1度で捨てられるプラスチックを削減していくこと。

しかし、こういったものに頼らない習慣をつけるには、社会のサポートも不可欠です。

例えば、ペットボトルを使わないよう街のあちこちに給水ステーションを設置。また、マイボトルに無料で飲料水を詰めてくれるレストランでのサービス。そういった取り組みの宣伝も必要になってきます。

【STEP2】ごみ収集とリサイクルシステムの改善

中期的な取り組みは、ゴミを収集する際に落下や風に飛ばされる廃棄物の量を最小限に抑え、同時にリサイクル率を改善すること。

中国が廃棄物の受け入れを禁止したことで、多くの国でその行き場がなくなっており、リサイクル能力の拡大が深刻化しています。

欧州でのプラスチックリサイクル率は30%、米ではわずか9%という低い水準(Scientific American Nov 2018)。

本来プラスチックは細断して溶かすことで、また新しいプラスチックに成形できます。しかし、柔軟性や耐久性をもたせたり着色するために化学薬品が添加されると、リサイクルが難しくなるだけでなく、リサイクル後の品質も落ちてしまいます。

製品の開発段階から、リサイクルを視野に入れることが重要になってきます。

【STEP3】プラスチックを分解する方法を考え出す

最後に長期的な取り組みとして、他の材料や新しいプラスチックに再構築できるように、プラスチックを基本ユニットに分解すること。

例えば、ペットボトルを最も基本的な分子に分解。製造時に使われた化学物質を取り除いて、新しいポリマーにリメイクできる「ブロック」を作り出します。そうしてプラスチックはガラスや紙と同じように、永続して使える材料になります。

もしこういった技術が確立されれば、野ざらしになっているプラごみに価値が生まれ、回収も進むでしょう(treehugger Nov 2018)。

このような技術が開発されていく中で、私たちは昔ながらのライフスタイルを参考にしたり、ちょっと知恵を出したり、できることからプラスチック削減に取り組んでいく必要があります。

lessplasticlife

プラなし生活では、プラスチックをなるべく使わずに過ごすためのヒントをシェアしています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

出来るだけプラスチックを使わない生活をするためのヒントやアイテムをご紹介します。毎日ほんのちょっとずつプラなしに。
ABOUT

最新記事