トルコ 2019年からレジ袋廃止

レジ袋を持って歩く男性

トルコでは、無料で配布されているレジ袋を廃止する法律が来年から施行されます。

環境法政策のYale Centerの環境パフォーマンス評価によると、トルコは180位中の108位にランク付けされています。ちなみに環境パフォーマンスとは、自らが発生させている環境負荷に対する対策の成果のこと。

トルコは特にレジ袋の消費量が多い国。一部のヨーロッパ諸国では年間一人当たり15〜25枚なのに対し、トルコは一人当たり440枚を使用しています。

環境都市化大臣Murat Kurum氏は、他のヨーロッパ諸国と同じように、スーパーや店舗でのレジ袋を強制的に廃止すると断言。

改正法では、レジ袋を約4ペンス(0.05ドル)で有料化することが求められ、従わなければ罰金が課せられます。しかし、実施期限は設けられていません。

施行は来年からですが、トルコ内ではプラスチック汚染に対する危機感はすでに高まっているようです。

イスタンブールの一部では、公共の交通機関の運賃を空のペットボトルで支払うことが可能となっています(Independent Dec 2018)。