ポリエチレン(PE)

レジ袋・ポリ袋_ポリエチレン
PLASTICS

ポリエチレンとは?

ポリエチレン(Polyethylene, 通称PE)は、世界でも最も生産量が多く、広く使われているプラスチックの1つです。日本でのポリエチレンの年間生産量は226万トン(2017年)です(塩ビ工業・環境協会)。

ポリエチレンは、エチレン(C2H4)をたくさんくっつけて(重合して)製造される熱可塑性プラスチックです。他のプラスチックよりも構造が単純で処理が簡単なため、低価格で大量に作られ、特に容器・包装に用いられます。

特性として、水より軽く、柔らかくて、水、油、薬品に強く、電気の絶縁性にも優れます。染色性はよくなく、乳白色で不透明です。耐熱性はあまり高くありません。

ポリエチレンには、主に低密度ポリエチレン(LDPE)高密度ポリエチレン(HDPE)があります。

ポリエチレン

低密度ポリエチレン(LDPE)

低密度ポリエチレン(Low Density Polyethylene, LDPE)は、エチレンに高圧を加えて製造し、エチレンがランダムに分岐して結合した、密度や結晶性が低いポリエチレンです。一般的により薄くて柔軟な形態をしています。軟質ポリエチレンとも呼ばれます。

低密度ポリエチレンは、加工性が良く、フィルムにするとほぼ透明になる特徴があるので、包装用の袋としてよく用いられます。透明なポリ袋、食品やパンの袋、紙コップや牛乳パックの内側のコーティング、生鮮食品ラップ、クリーニングのカバー、緩衝材として使うプチプチ、新聞の袋、冷凍食品の袋などに使われます。

また、柔らかい容器にも多く用いられ、キャチャップや蜂蜜などのスクィーズボトル(手でしぼるタイプのボトル)、タッパーの半透明なフタにも使われます。その他、ボトル容器のキャップ、電線やケーブルの被覆(絶縁体)、農業用フィルムなどにも使用されています。

耐熱温度は70-90℃です。

高密度ポリエチレン(HDPE)

高密度ポリエチレン(High Density Polyethylene, HDPE)は、中圧〜低圧をかけて製造され、分岐のない直鎖状の、結晶性が高いポリエチレンです。低密度ポリエチレンと比べて硬いのが特徴です。硬質ポリエチレンとも呼ばれます。

耐熱温度は90-110℃です。低密度ポリエチレンに比べて熱に強く、防湿性が高く、バリア性も良い(水蒸気の透過率が小さい)のも特徴です。

高密度ポリエチレンは、様々な容器や文具、日用品、生活雑貨などに用いられます。ポリバケツはほとんどHDPE製です。フィルムは薄くても強度が高く、スーパーやコンビニの白っぽいレジ袋(ポリ袋)として使用されています。

ポリエチレン

ポリエチレンの安全性?

化学的に安定で、一般的に食品や飲料への使用が比較的安全なプラスチックと見なされています。

しかし、酸化防止剤として内分泌撹乱物質のビスフェノールA、オクチフェノール、ノニルフェノールを含む場合があります(重量%:0.05-3)(Hermabessiere et al. 2017)。

ポリエチレンは耐候性が低いため、日光などの紫外線や熱に晒されると劣化しやすく、そのためレジ袋や農業に使うフィルムでは紫外線(UV)吸収剤が配合されています(Rani et al. 2015)。

また電気ケーブルのカバー(絶縁体)として用いられる場合には、難燃剤として臭素系難燃剤、ホウ酸、リン酸トリス(2-クロロエチル)等が用いられます(重量%:12-18)(Hermabessiere et al. 2017)。

低密度ポリエチレンは、添加剤を使用せずに成形できる数少ないプラスチックの1つです(三島 2001)。乳および乳製品では、内容物に直接触れる合成樹脂が添加剤を含んではならないため(乳及び乳製品の成分規格等に関する省令)、牛乳パックの内側にコーティングされているプラスチックには無添加の低密度ポリエチレンが使われています。

wakamori

海のプラスチックごみ問題をきっかけに、身の回りのプラスチックを減らそうと決意。できることからはじめるうちに、だんだんと楽しくなってきました。普段は海のプラス...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧