プラ製の歯ブラシにはもう戻れない!馬毛&竹歯ブラシを使ってみました

歯ブラシ
PLASTIC-FREE ITEMS

子供から大人まで、みんなが毎日使う歯ブラシ。

なんと、世界中で1年間に36億本も消費されています(The Humble)。

その大半はおなじみのプラスチック製。使い終わった歯ブラシはリサイクルが難しいので、ほとんど焼却処分されています。

日本ではどのくらい使われているの?

プラスチックの歯ブラシ

日本人は、歯ブラシを1〜2ヶ月ごとに交換する人が6割以上を占めます(Club Sunstar)。

その理由は、「毛先の形が変わってしまい、しっかり磨けなくなる」ため。

日本の人口は1億2680万人。単純に1億人と考えて、その6割の人が一年で6本歯ブラシを消費すると考えると、約3.6億本がゴミに。

一般的な歯ブラシは1本10gなので、重さにすると一年で3600トン!

残り4割の人口を含めていないので、日本人全体ではもっと莫大な数になります。

もちろん全てが焼却処分されているわけではありません。一部は海や川、時には道端にも落ちていることがあります。

歯ブラシをなるべくゴミにしない、3つのヒント

ゴミとして出る量が多ければ多いほど、自然の中に落ちていく頻度も増えていきます。

とはいっても、歯ブラシは衛生上どうしても使い捨てに…。

どうしたら歯ブラシのゴミを減らせるのか、3つのヒントをご紹介します!

1. 【馬毛・豚毛】耐久性のある素材を選ぶ

かなや刷子の馬毛歯ブラシ

一つ目は、耐久性のある馬毛や豚毛の歯ブラシを選ぶこと

耐久性があるということは、長く使えるから「ゴミが減る」ということ!

市販でオススメは、「かなや刷子の馬毛歯ブラシ(小)」。

馬毛は毛の復元力が高いので、毛先が広がっても元の状態に戻りやすいんです。

なんと半年近く使い続けられます!

<使ってみた感想>

かなや刷子の馬毛歯ブラシ(アップ)

ナイロン毛にはない、しっかりした使い心地。

歯や歯茎に優しい獣毛だけあって、歯茎がマッサージされているみたいに気持ちいい!歯もツルツルになります。

よく歯医者さんで「ブラッシングは軽く小刻みに!」と指導されますが、馬毛歯ブラシはコシがあるので、自然と力まずに磨けるんです。

現在、使い始めて2ヶ月が過ぎました。

見てわかる通り、ほとんど毛先が広がっていません!

2ヶ月使った馬毛歯ブラシ(表)

まだまだまっすぐな毛先をキープ(上:新品、下:2ヶ月使ったもの)

2ヶ月使った馬毛歯ブラシ(裏)

後ろから見ると新品と変わらない(上:新品、下:2ヶ月使ったもの)

ヘッドは約2cmとコンパクトなので、奥までしっかり磨けます。

とにかく気持ちいいので、もうナイロンの歯ブラシには戻れません…!

<意外とお得です!>

一般的な歯ブラシに使われている「ナイロンの毛」は毛先が広がりやすく、通常1〜2ヶ月で交換する必要があります。

1本150円くらいの歯ブラシだと年間6回の交換で900円。

かなや刷子の馬毛歯ブラシは1本約320円。年に2回交換して640円です!

100円の激安歯ブラシでも年間600円ですので、エコで使い心地も抜群な馬毛歯ブラシの方が断然お得といえます。

2. 【竹製】持ち手が自然素材のものを選ぶ

竹歯ブラシ

2つ目は、持ち手が自然素材のものを選ぶこと

一般的な歯ブラシの持ち手はポリプロピレン、毛はナイロンでできています。

どちらもプラスチックなので、自然の中で分解されることはありません。

オススメは「竹製の歯ブラシ」。

今回使ってみたのは「tranquilo社のwhite smile」という海外製のもの。

この歯ブラシの毛は「ナイロン4」という材料でできています。実はナイロン4(ポリアミド4)は、土壌や海中で生分解されやすい性質があるんです(KAKEN)。

持ち手は竹、毛は生分解性のあるナイロン4!というわけで、環境に優しい歯ブラシなのです。

ちなみに、毛の色が黒っぽいのは炭が配合されているため。自然なホワイトニング作用があるそうですよ。

<使ってみた感想>

竹歯ブラシ(アップ)

ブラシの毛は細くて柔らかい感触。毛先が細くなっているので、歯と歯茎の間もしっかり磨けました。

竹歯ブラシは、今のところほとんど海外製。

商品によってはかなり値段が高かったり、ヘッドが大きすぎるものがあります。

ちなみにこの竹歯ブラシのヘッドは約3cmほど。

女性にはちょっと大きいかもしれません。奥歯の狭いところを磨く時は、意識してしっかりブラシを当てるといいですね。

竹なので、口に入れた時に少しざらつきを感じます。気になる人は、水によく濡らして使うと違和感が少なくなりますよ。

3. 【自分の歯ブラシを持参!】ホテルなどで使い捨て歯ブラシを使わない

3つ目は、旅行や出張には自分の歯ブラシを持って行くこと

滞在先のホテルのアメニティで用意されている歯ブラシ。もちろんプラスチック製ですよね。

たとえ1泊でも、使ったらそのままゴミになります。

さらにプラスチック包装もされていたり、チューブの歯磨き粉が一つ一つ付いていたりと、一度に出るプラごみの量が多い!

自分の歯ブラシ(歯磨き粉も)を持っていけば、歯磨きに関しては何のゴミも出ません。

毎日使うものほど、素材や耐久性を考えて。

歯ブラシのように完全にプラなしすることが難しい物でも、丈夫なら長く使えてごみは減っていきます!

Yoko Koga

一児の母。海のプラスチック問題を知るきっかけとなるお仕事にめぐり合い、プラスチックを使わない生活を少しずつ実践中です。プラごみをなるべく出さない生活。工夫次...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

出来るだけプラスチックを使わない生活をするためのヒントやアイテムをご紹介します。毎日ほんのちょっとずつプラなしに。
ABOUT

最新記事