お買い物にはコットンバッグを持ち歩こう!

コットンバッグ
PLASTIC-FREE ITEMS

再利用可能なエコバッグ。
「買い物袋として使えれば何でもいいんじゃないの?」と思われる方も多いと思います。
もちろん、すでに使っているものがあれば、それを活用し続けるのがベストですね。

ここでは、お買い物のお供に「コットンバッグ」が優れている理由を、4つお伝えします。
また、不要なビニール袋を「断る」大切さについても触れています。使い捨てプラスチックを「No!」と言える、小さなきっかけになるとうれしいです!

「コットンバッグ」をオススメする4つの理由

コットンバッグ

プラなし生活がオススメするエコバッグは、コットンでできたものです。
何も新しく買う必要はありません。昔から持っているキャンバストートや、ショップでノベルティーとしてもらったものでOK。

ではなぜコットンバッグがいいのか、4つの理由を説明していきます!

理由① 土に還る

コットンバッグは、もし不注意で落としてそのまま放置されたとしても、土に還ります。

「コンポスト」ってご存知でしょうか?微生物の働きによって、生ゴミを土(堆肥)にする処理方法です。コットンバッグも、生ゴミと同じく微生物によって分解され、半年ほどでなくなるんです。

一方、ビニール袋などプラスチック製のものは、分解されるのに数百年かかると言われています。

理由② 簡単に洗える

コットンなので、Tシャツと同じように汚れたら洗濯機で洗えます。

お持ちのエコバッグは、定期的に洗っていますか?汚れに気づかないまま放置すると、大腸菌などの怖い菌の繁殖につながる場合があります。

(2011年にアメリカの化学工業協会(ACC)が報告した内容によると、調査した51%のエコバッグから大腸菌が見つかり、定期的に洗濯されていたのはたったの3%だったそうです!)

使用頻度にもよりますが、2週間に1度は洗濯をしましょう。コットンバッグなら簡単に洗えてお手軽ですよ。

理由③ 丈夫で長持ち、破れても直しやすい

コットンバッグは長く使えるアイテムです。
破れても針と糸でふさいで修理できますし、キャンバス地のような素材であれば厚手で丈夫です。

新しく買う場合は、丈夫な作りになっているか次の点をチェックしてみましょう。

・持ち手や底の部分はしっかり縫いつけられているか?
・おかしな位置に縫い目がないか?

理由④ 持ち運びやすい

同じコットンバッグでも、コンパクトになるものはさらにGoodです!
小さくたたんでカバンの中に入れておいたり、車の中に置いておくといいですね。

ちなみに、よく忘れてしまう人にはChico Bag(チコバッグ)がオススメ。ポリエステル製ですが、付属の収納袋に小さくしまえて、カラビナ付きなのでリュックやカバンに付けることができますよ。

コットンバッグ

 

待って!お店の人がビニール袋を使おうとしたら

せっかくコットンバッグを持って行っても、肉・魚などの生鮮食品やお豆腐などの水っぽいものは、勝手にビニール袋に入れられてしまう場合があります。こんな時、どうすればいいのでしょう?

●「ビニール袋に入れなくていいですよ」と言おう!

そうです。断ってしまっていいんです。

ビニール袋に商品を入れるのは、「バッグが汚れないように」というお店側の配慮。何も言わずに受け入れてしまうと、「私はビニール袋が必要です!」と言ってしまっているのと同じです。

できるだけ使い捨てプラスチックを使わないようにするには、まず自分の生活に入ってくるプラスチックを「断る(Refuse:拒否する)」ことが、とっても重要なんです!

潰れやすいものは別にできるように、コットンバッグを何枚か持って行くといいですね。

●実は店員さんも助かっています

小さなビニール袋に商品を詰める作業って、意外と面倒。ビニール袋を断ることで、とても早く、スムーズにレジを通すことができます。「断ったら怪訝な顔をされるかな…」なんて心配はご無用!店員さんは助かりますよ。

食品以外のお買い物にも!大活躍のコットンバッグ

コットンバッグを含むエコバッグは、何も食材のためだけの物ではありません。

電化製品や日用品・衣料品など、その他のお買い物の際にも持ち歩いてみてください。きっといろんな場面で使えるはずですよ!

Yoko Koga

一児の母。海のプラスチック問題を知るきっかけとなるお仕事にめぐり合い、プラスチックを使わない生活を少しずつ実践中です。プラごみをなるべく出さない生活。工夫次...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧