簡単にゴミにしない!自然素材のトイレブラシを長く清潔に使おう

トイレ掃除_プラなし
TAKE ACTION

できるだけ衛生的に、手を汚さずにやってしまいたいトイレ掃除。
汚れやすいトイレブラシは、捨てることを前提に使っている人も多いかもしれません。
長く清潔に使えて、ゴミになっても環境を汚染しない、そんなトイレブラシの選び方をご紹介します!
そしてプラスチック・フリーなトイレアイテムも♪ かわいいのでぜひチェックしてみてくださいね。

おかしくない?キレイを保つために、「捨てる」という選択

トイレの掃除道具、こまめにお手入れしないと雑菌だらけに…。いつも簡単に捨ててしまっていいのでしょうか。

トイレ掃除_プラなし

プラのトイレブラシはほぼ使い捨て?

トイレブラシって、しっかり水気を切るのが難しく、そのままホルダーに収納してしまいがち。気づいたら、ブラシ部分に赤カビが生えることもあります。そして放っておくと雑菌の温床に…。プラスチックには細かい孔が開いていて、こういう赤カビなどの汚れが落ちにくいんです!

実際トイレブラシを清潔に保つ方法を調べてみると、「100円ショップなどで安いものを買って、ほぼ使い捨てにしましょう」というとんでもない方法が書いてあったりします…。

それに、よくホルダーとブラシがセットになって売られていますよね。場合によっては替えのブラシがなく、ホルダーごと処分することも。

これでは不経済だし、プラごみが増えるばかりです。

トイレに流せる使い捨てブラシ

ブラシ部分をそのままトイレに流せるタイプ。ご存知の通り、手を汚さず衛生的なので人気の商品でもあります。ブラシの材質を確かめてみると、「合成繊維」や「特殊不織布」の文字が。
「ひょっとしてプラスチック?」ってピンときたら、鋭い!

「合成繊維」とは、化学繊維のこと。ナイロン、アクリル、ポリエステル、ポリウレタンなど繊維状のプラスチックです。「特殊不織布」は、立体的に絡み合わせた繊維の中に、ポリウレタンなどの化学繊維を埋め込んだもの。

これをトイレに流したらどうなるんでしょう…。

「トイレに流せる」だけあって、ものすごく小さな繊維が水と一緒に下水に流れます。パルプなど自然の繊維は水に溶けますが、化学繊維はどんなに細くて小さいものでも残り続けるんです。そして最後は海に流れ出ていきます…。

清潔に、大事に使いたくなるトイレブラシ

捨てることが前提の道具は、大事にすることができませんよね。
「たかがトイレブラシ」かもしれませんが、日本中の人が使い捨てのように消費すると、そのゴミの量はとんでもないことになります。

トイレ掃除_プラなし

「長く使える&自然に還る」を意識して選ぼう!

できるだけ「長く、清潔に、愛着を持って」使い続けることを目指しませんか?
「自然に還る素材(動物・植物性)」や「再利用されやすいもの(金属)」など、ゴミになった後のことも考えて選べるといいですね。

<選び方のポイント>
● 材質
・柄の部分、ホルダーが木製・ステンレス製・陶器のもの
・ブラシ部分が「豚毛」などの自然素材ならBest!
● 構造
・ホルダーとセットになっている場合、ブラシ単品でも購入できるもの
ブラシがホルダーの底につかないもの(底に溜まった水にブラシが付くと不衛生…)
ホルダーの底が取り外しできるもの(洗いやすい♪)

【Recommended Item】木製&豚毛のトイレブラシ(水受け:素焼きのお皿)

 

いつも清潔に!ブラシのお手入れ方法

● 1〜2週間に一度は天日干し
トイレ掃除の後はよく水気を切り、濡れた柄の部分を乾いた雑巾で拭いてホルダーへ。
1〜2週間に一度は、天気のいい日にホルダーごと天日干しに♪
余裕があれば、お掃除するたびに風通しのいい場所で乾燥させておくと、雑菌の繁殖が防げますよ。

● クエン酸で除菌
クエン酸には殺菌効果があります。
・お掃除の後に:しっかり水気を切って、クエン酸水をブラシにスプレーしておきましょう
・しっかり除菌したいとき:便器をキレイに洗って水を流した後、溜まった水にクエン酸を入れます。そこにブラシを浸けて30分ほど放置。水気を切って天日干ししましょう!

 

マットやスリッパも!トイレアイテムをプラなしに

せっかくなら、ブラシだけじゃなく他のアイテムもプラスチック・フリーに♪ 自然素材のものに置き換えるだけで、インテリアに統一感が出ますよ。

トイレ掃除_プラなし

マット

綿100%のトイレマットがおすすめです!ポリエステルなどの合成繊維のものは、洗濯のたびにプラスチックが排水されます。裏地の滑り止めは、EVA樹脂というプラスチックです。

パッチワークで手作りされている方も!ステキですね。

スリッパ

ジュートや麻で編み込んだ自然素材のスリッパ。お手入れは、重曹水をスプレーして乾いた布で拭くといいですよ。

麦わらのスリッパも♪

サニタリーボックス

ステンレス、陶器、木製のサニタリーボックス。トイレがぐっとオシャレになります。

木製や陶器(ポーセラーツ)なら手作りもできます!
*ポーセラーツ:白磁に絵柄のついた転写紙を貼って焼き上げる技法。ポーセラーツ教室で作れます。

Today’s Plastic-Free Girl!

”このドミニカ共和国のビーチの映像は、プラスチック汚染の問題がどれだけ深刻なものかを浮き彫りにしています。リサイクルだけじゃ、解決しません。使い捨てプラスチックの環境汚染を止める一番効果的な方法は、使い捨てプラスチックを生産しないことと、使わないことです。”

この映像は、ドミニカ共和国の首都サント・ドミンゴのビーチを撮影したものです。海に浮かぶおびただしい数のプラスチックゴミは、この街で出たものではありません。海流や風に乗ってどこかから大量に漂着したものなんです。海上だけでなく浜辺にも、ペットボトルなどが広い範囲に散乱しています。
これまで廃棄されたプラスチック(約63億トン)のうち、リサイクルされたのはたったの9%。日本も含め世界のプラスチックのリサイクルシステムは、その生産・消費量に全く追いついていません。
私たちにできることは、「プラスチックを使わない=ゴミとして出さない」こと。そしてそれが一番効果的な方法なんです。

Yoko Koga

一児の母。海のプラスチック問題を知るきっかけとなるお仕事にめぐり合い、プラスチックを使わない生活を少しずつ実践中です。プラごみをなるべく出さない生活。工夫次...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧