こんなに有害!ポリ塩化ビニル(PVC)を避けた方が良い理由

ポリ塩化ビニル
プラスチックの種類と安全性

ポリ塩化ビニルとは?

ポリ塩化ビニル(polyvinyl chloride, 通称PVC)は、略して「塩ビ」「塩化ビニル」と呼ばれます。エチレンの1つの水素に塩素を反応させ置換したものが塩化ビニルモノマーとなり、これをたくさんくっつける(=重合する)とポリ塩化ビニルになります。

塩ビの特性として、水、薬品に強く、難燃性で、電気の絶縁性に優れます。塩ビはもともと、水道管の配管(塩ビパイプ)のように硬いプラスチックですが(硬質塩ビ)、可塑剤を大量に加えることで、柔らかい塩ビになります(軟質塩ビ)。柔らかい塩ビは、ビニール製のプールや、おもちゃのソフト人形のようにソフトビニール(ソフビ)と呼ばれているものが軟質塩ビです。

ポリ塩化ビニル

ポリ塩化ビニルの主な用途

主な用途として、硬質塩ビは、水道管などの配管・窓枠などの建築材料や、クレジットカードなどに使用されています。

柔らかい軟質塩ビは、玩具(おもちゃ)、人工皮革(合成皮革、合皮)、ラップフィルム、ビニル系床材や壁紙・ホースなどの住宅用品、シャンプーボトル、消しゴム、電源コードのカバー、農業用のフィルム、ビニールハウスなどに利用されています。

日本における塩ビの年間生産量は171万トン(2017年)です(塩ビ工業・環境協会)。

ポリ塩化ビニル_塩ビパイプ

大量の添加剤が使われています

塩ビは、最も添加剤を多く含むプラスチックのひとつで、世界の添加剤生産量のうち7割近くが塩ビのために使われています(Murphy 2001)。ポリマーを安定にするために熱安定剤が加えられ、また変形させるために大量の可塑剤が加えられます。

可塑剤としてフタル酸ビス(2-エチルヘキシル)(DEHP)を体表とするフタル酸エステル、安定剤としてビスフェノールA(BPA)やノニルフェノールなどが使われます(Hermabessiere et al. 2018)。

可塑剤の量が製品重量の6-7割に達することもありますが、大抵は重量の35-40%を可塑剤が占めています(Navarro et al. 2010,Hermabessiere et al. 2018)。

ラップ・フィルム

ポリ塩化ビニルの安全性?

塩ビは、最も毒性が高く危険なプラスチックの1つとして認識されています。しかし、未だに信じられないほど多くの日用品を製造するために使用されています。

塩ビ(特に軟質塩ビ)に大量に使用される添加剤は、ポリマー(プラスチック)と化学的に結合しているわけではないため、プラスチックから浸出する可能性があります(Patrick 2005, Lithner et al. 2012)。

軟質塩ビからフタル酸エステルが溶出する可能性があります(Patrick 2005, Lithner et al. 2012)。フタル酸ブチルベンジル(BBP)とフタル酸ビス(2-エチルヘキシル)(DEHP)は代表的なフタル酸エステルで、女性ホルモン・エストロゲンに似た症状を呈する内分泌攪乱物質として知られています。またフタル酸エステルは乳がんのリスクを高める可能性も指摘されています(López-Carrillo et al. 2010)。

ポリ塩化ビニル

合皮はポリ塩化ビニル(PVC)でできている

塩ビのダストがある家庭の子どもと喘息・アレルギー症状の関連性(Bornehag et al. 2004, Bornehag et al. 2005)や、子どもに見られる発達障害の1つであるADHD(注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害)との関連性が指摘されています(Kim et al. 2009)。

日本では、食品が触れる可能性のあるパッケージやソフトビニール人形などの幼児が口にする可能性があるおもちゃに危険なフタル酸エステルを含むポリ塩化ビニルの使用が制限されています。その代わりに別の化学物質が入っていますが、それが何なのかは不明です。

原料モノマーの塩化ビニルは発がん性物質として知られています(ASTDR)。

商品を購入する際は材質をチェックしましょう。材質表示に「PVC」または「塩化ビニル樹脂」などと表記されています。ポリ塩化ビニルは、一般的に有害なプラスチックです。なるべく避けて、使用しないようにしましょう。

wakamori

海のプラスチックごみ問題をきっかけに、身の回りのプラスチックを減らそうと決意。できることからはじめるうちに、だんだんと楽しくなってきました。普段は海のプラス...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧