「新聞紙で作るごみ袋」で生ごみ処理をプラなしに♪

新聞紙のごみ袋(小)

7月からレジ袋が有料化。今まで生ゴミをレジ袋にいれて捨てていた方も大勢いらっしゃいます。

新聞紙でゴミ袋を作って、その中に捨てると簡単ですよ!

しかも悪臭までカットしてくれる優れもの。

この記事では、「新聞紙のごみ袋」の作り方を3つご紹介します。

新聞紙が有り余っていたら、ぜひ有効活用してください!

生ゴミは新聞紙ゴミ袋にいれて捨てる

シンクのゴミ受けにたまった生ゴミや、調理中に出たその他のゴミは、ポリ袋やレジ袋ではなく、新聞紙に包んで捨てます。

新聞紙ゴミ袋

【メリット1】悪臭を防げます

生ゴミを濡れた状態で放置すると悪臭が出てきますよね。

新聞紙で包むことで水分が吸収され、嫌なニオイの防止になりますよ♪

【メリット2】ゴミが軽くなります

生ゴミの水分を新聞紙が吸ってくれ、吸った水分は外側から蒸発していくので、ゴミが軽くなります。

ゴミ捨て場に持って行く袋も軽くなります♫

さらに、ゴミ処理場で効率良く焼却できます。濡れた生ゴミを燃やすとゴミ処理場の焼却温度が下がり、エネルギーのロスにつながります。

新聞紙のごみ袋(小)

厚手で丈夫なコンパクトサイズ♪

作り方を動画で見たい方はこちらからどうぞ▼


1. 新聞紙見開き1枚(※)を横向きにして、下半分を折る。
※見開き1枚(最初の1面と最後の番組欄ってつながってますよね。それをここでは新聞紙見開き1枚としています)

新聞紙のゴミ袋(小)

2. 3つ折りにする要領で、まず片側だけ折る。

新聞紙のゴミ袋(小)

3. 反対側も折る。このとき、(2)で先に折った部分に差し込む。

新聞紙のごみ袋(小)

4. 裏返して、上の部分が三角になるように折る。

新聞紙のごみ袋(小)

5. そのまま下のポケットになっているところに差し込む。(写真は差し込む途中の状態)

新聞紙のごみ袋(小)

6. 完成!(きっちりマチをつけると自立できます)

新聞紙のごみ袋(小)

新聞紙のごみ袋(中)

こちらも簡単♪ ちょうどいいサイズのごみ袋。口が広いのでポイポイ放り込めます。


新聞紙のごみ袋(大)

新聞紙で作る大容量のごみ袋。しっかり自立するので使いやすいです。2枚重ねなので厚手で丈夫です!コンパクトに収納しておく折り方も最後に載せています♪ 箱の形にする時の底の部分の折り方は2つめの動画をご覧ください。


新聞紙ごみ袋(大)を、箱の形に広げる時の底の部分の折り方について、詳しい解説を追加しました。こちらをご覧下さい♫

まとめ

新聞紙で作るごみ袋。

生ごみ処理にポリ袋・レジ袋をいくつも持つ必要はありませんし、何枚もストックしておく必要もありません。

生ごみのためにスーパーでポリ袋やレジ袋をもらわなくても大丈夫!

\こちらもよく読まれてます!/
プラスチック・フリーに生ゴミ処理をする方法を紹介しています▼