「ゴーストネット」を海から取り除く!専門ダイバーの養成コース開講

ゴーストネットを撤去するダイバー

海洋ゴミとして海を漂う漁網やロープ。

クジラやアザラシなど多くの海洋生物に絡まり、体に致命的なタメージを与えていることから、「ゴーストネット」と呼ばれています。

ほとんどはプラスチックでできているので、分解されることはありません。

今、ゴーストネットを海から除去する新たな取り組みが行われています。

国際NGOであるConservation Internationalは、ゴーストネットを海から撤去する認定ダイバーの養成コースを開講しました。

トレーニングには、世界最大のダイビング教育機関であるPADI(Professional Association of Diving Instructors)が協力しています。

これまでも、ダイバーによるゴーストネット除去や生物の救助活動が行われてきましたが、そのような専門的な技術を持った人は少数。

一方、世界のスキューバダイビング人口は600万人以上と言われています(Conservation International)。

時にプラスチックが散乱する海を目の当たりにするアマチュアダイバーたち。

世界中から広く募集し、安全な撤去技術を学んだ認定ダイバーを増やすことで、ゴーストネット除去活動のスケールアップを目指します(treehugger Dec 2018)。

養成コースへの参加方法は現在のところ公開されていません。Conservation Internationalが希望者に個別に対応しているようです。