• HOME
  • ブログ
  • NEWS
  • 日本の水族館&動物園も脱プラへ! 生物のためにコスト増でもやるのです

日本の水族館&動物園も脱プラへ! 生物のためにコスト増でもやるのです

水族館のペンギン
NEWS

北関東の水族館・動物園が、施設内の飲食店で使用している使い捨てプラの廃止を決めました(日本経済新聞 Nov 2018)。

アクアワールド大洗水族館(茨城県)

館内の3カ所の飲食店で使用しているプラスチック製ストローを、2019年4月までに廃止。紙製ストローの導入を検討中です。そのほか、プラ製のナイフ・フォークなども見直しを検討しています。

那須どうぶつ王国(栃木県)

園内の飲食店で使用していた12種類の使い捨てプラの使用を中止。紙製カップ・ストロー、木製・金属製の食器に切り替えました。お土産用に使用しているプラスチック製の袋も切り替えを検討中。

生き物の飼育だけでなく、繁殖や保全活動も行なっている水族館や動物園。
徹底的かつ率先した取り組を願って止みません…!

米国では、19の水族館が「プラスチック撲滅宣言」をしています(プラスチックの海 『プラスチックはもう提供しません!米国の水族館』)。

中でもモントレーベイ水族館の取り組みは非常に徹底されていて、ペットボトル廃止はもちろん、プラ製のカトラリーやストロー、コップも再利用可能な素材に置き換えています(プラスチックの海 『使い捨てプラスチックにさようなら!モントレーベイ水族館の取り組みがスゴイ』)。

lessplasticlife

プラなし生活では、プラスチックをなるべく使わずに過ごすためのヒントをシェアしています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧