環境省「レジ袋有料化 義務付け」の検討開始

プラスチックバッグ
NEWS

環境省は、「レジ袋の有料化を義務付ける」ことについて検討を始めました(日本経済新聞 Oct 2018)。

一部のスーパーなどの小売業者は、すでにレジ袋を有料化しています。しかしこれは、レジ袋を削減する取り組みを法律上求められているためで、義務ではありません。
小売業者が自主的に行なっていたり、自治体との取り決めに基づいて行なっていたりします。

来年6月に開催されるG20サミットに向け、日本は「プラスチック資源循環戦略」の策定を目標にしています。
その中にレジ袋有料化の具体策を盛り込むため、小売業者や製造業、地方自治体などと今後協議が行われます。

フランスやオーストラリアでは、すでに使い捨てレジ袋は使用禁止になっています。スペインは2018年中に禁止令を出す予定で、そのほかの多くのEU加盟国では、レジ袋を無料で配布する店舗に税金を課す方針です(プラスチックの海)。

日本は、今年6月に開催されたG7サミットで、「海洋プラスチック憲章」への署名を米国とともに見送りました。
「プラスチック資源循環戦略」で、日本としてのプラごみへの対応をどう世界にアピールするのか、注目です。

lessplasticlife

プラなし生活では、プラスチックをなるべく使わずに過ごすためのヒントをシェアしています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧