新素材のレーヨン!ターゲットは「紙おむつ」

新素材のおむつ
NEWS

紙おむつには、繊維状のプラスチックが使われています。その一つが「ポリプロピレン」。

繊維メーカーであるダイワボウレートは、このポリプロピレンに替わる新しいレーヨン「エコリペラス」を開発しました。

レーヨンの主原料は木材。プラスチックと違って生分解されます。

本来レーヨンは吸水性のある素材ですが、このエコリペラスは撥水性も併せ持っているのが特徴。プラによる海洋汚染の防止が世界的な流れになる中、同社は子育ての必需品として欠かせない「紙おむつ」への採用を目指しています(日本経済新聞 Sep 2018)。

レーヨンとは、木材から取り出されるセルロース(植物繊維の主成分)を使って繊維にしたもの。同社のレーヨン100%の不織布の生分解性評価試験では、地中に埋めて約30日後に分解が始まり、約60日でほぼなくなることがわかっています(ダイワボウレート)。

レーヨンは環境に優しい自然素材の繊維ですが、生産コストが高いため、安価な合成繊維(プラスチック)が主流です。

こうした自然由来の繊維が、大人用おむつや生理用品へも拡大していくことが期待されます。

lessplasticlife

プラなし生活では、プラスチックをなるべく使わずに過ごすためのヒントをシェアしています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧