ヒトの便から繊維状のマイクロプラスチック

合成繊維
NEWS

パイロット試験の一環で採取された8名の便から、繊維状のマイクロプラスチックが見つかりました(National Geographic Oct 2018)。

これまで飲料水やビール、食塩、海産物からマイクロプラスチックが検出されていますが、人間の体内から確認されたのは今回が初めてです。

マイクロプラスチックは、海の中だけでなく、私たちが生活する空気中にも存在しています。
フリースのジャケットを擦っただけで、目に見えない繊維状のプラスチックが舞い上がるのです。

8名の便から見つかったマイクロプラスチックが、どのようにして体内に入ったのか、その可能性は色々考えられます。

空気中を漂う繊維状のプラスチックが、食べ物の上に落ちたのかもしれません。または、食品の包装から出たものが、食べ物に付着したとも考えられます。

今回の調査は8名という小規模なもの。マイクロプラスチックの摂取経路や健康への影響など、解明するには不十分です。

ただ、マイクロプラスチックは114種以上の水生生物から見つかっており、生殖器系や肝臓にダメージを与えていることが、これまでの研究でわかっています。

人間が摂取した場合、健康にどのような影響が出るのか研究が急がれます。

lessplasticlife

プラなし生活では、プラスチックをなるべく使わずに過ごすためのヒントをシェアしています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧