プラスチック代替素材に石灰石!生分解性の新素材も開発

プラスチックキャップ
NEWS

石灰石を主原料にした「LIMEX(ライメックス)」が、プラスチックに変わる代替素材として世界に広がりつつあります。今年度中には新素材である「生分解性LIMEX」の市場への投入も計画されています(日本経済新聞 Oct 2018)。

開発したのは、スタートアップ企業のTBM(東京)。ライメックスは石灰石と石油由来の樹脂からできており、すでに使い捨ての食器やメニュー表、ポスターなどで採用実績があります。
石灰石は、「国内の埋蔵量が豊富で安価に手に入る」だけでなく、紙製の代替素材と違って「木材や水の使用を減らせる」という利点もある原料。

ただ、ライメックスの原料の一部は石油由来の樹脂。完全に生分解されるわけではありません。
石灰石の含有量を増やすと耐久性が落ちたり、粉っぽくなったりするため、こういった課題をクリアする必要があります。

そこで、石灰石とトウモロコシ由来の「ポリ乳酸」を使った「生分解性LIMEX」の開発も進められています。
微生物や水で分解されるため、使い捨て商品など、短い時間で使われる商品で活用される予定です。

今後の需要拡大を見込んで、従来ライメックスとともに20年までに日本・米での増産が計画されています。

lessplasticlife

プラなし生活では、プラスチックをなるべく使わずに過ごすためのヒントをシェアしています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧