東京・大阪など11の河川でマイクロプラスチック検出

マイクロプラスチック
NEWS

東京や大阪などの都市部を流れる11の河川で、マイクロプラスチックが検出されたことが発表されました(日本経済新聞 Oct 2018)。

調査を行なったのは、環境技術ベンチャーのピリカ(東京)。東京理科大学の協力を得て、2018年5月から調査を開始しました。

人口密集地を流れる河川を中心に調査が行われ、関東地方は利根川水系や荒川水系、関西地方は淀川水系など計26地点。そのうち25地点で、マイクロプラスチックが見つかりました。

検出数は、大阪府の大川で1㎥あたり平均19個、東京都と埼玉県を流れる綾瀬川で1㎥あたり平均9個。中には人工芝などの破片も含まれていました。

これらのマイクロプラスチックは、ペットボトルやレジ袋が紫外線などを受けて劣化し、砕けて拡散したと推測されています。

同社は、見つかったマイクロプラスチックがもともと何の製品だったのか、またゴミになった経路についても今後調査する予定です。

海外の研究では、河川に生息する蚊などの幼虫が、マイクロプラスチックを食べていることがわかっています。さらに、成虫になるまで体内に蓄積させていました。それを餌にする鳥なども、プラスチックを摂取している可能性があります。
今回の調査結果で、日本でも同じようなことが起こっていると容易に推測できます。

lessplasticlife

プラなし生活では、プラスチックをなるべく使わずに過ごすためのヒントをシェアしています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧