最大のプラごみ汚染者は「コカ・コーラ、ペプシ、ネスレ」

ペットボトル
NEWS

世界中の海岸で集められた20万個のプラスチック片を選り分けて調査したところ、最も多く見られたのはコカ・コーラ、ペプシ、ネスレの3社のもだったことが、世界のクリーンアップボランティアによって明らかになりました(Independent Oct 2018)。

このブランド監査によって、この3社が世界のプラスチック汚染に大きく関わっていると裏付けられました。

このことを受け、各社は次のような見解を示しています。

コカ・コーラ

海からプラごみを排除する活動目標を共有し、準備を行なっている。
また、2030年までに、販売するすべてのボトルや缶を回収・リサイクルし、商品の50%をリサイクル品にする目標。一方、達成までには時間がかかり、企業の力だけでは不可能。

ネスレ

当社製品のどのパッケージも、ゴミとして埋立地や自然の環境中に行き着かないようにするべき。2025年までに、すべてのパッケージをリサイクル・再利用可能なものにしたい。

ペプシ

2025年までに100%リサイクル可能な、堆肥化可能または生分解性のあるパッケージにする。

欧州では、環境を汚染した生産者に罰金を求める署名活動が行われ、すでに25万人分の嘆願書が国会に提出されました。

企業努力は当然として、私たちが普段の生活でプラごみを出さない工夫も同時に求められます。

lessplasticlife

プラなし生活では、プラスチックをなるべく使わずに過ごすためのヒントをシェアしています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧