• HOME
  • ブログ
  • NEWS
  • ビーチとウミガメをプラごみから守る!ナイジェリアの女性活動家

ビーチとウミガメをプラごみから守る!ナイジェリアの女性活動家

ウミガメ
NEWS

ナイジェリアのラゴスにあるElegushiビーチ。

大西洋に面する美しい海岸ですが、たくさんのゴミが目につきます。

環境活動家であるDoyinsola Ogunyeさんは、約20名のボランティアの子供たちと一緒に、毎週約50袋ものゴミを集めています(BBC Oct 2018)。

ビーチ清掃だけでなく、植樹や絶滅危惧種のウミガメを救出する活動も行なっている彼女は、海岸沿いの7ヘクタールの土地に「キッズ・ビーチ・ガーデン」を設立。スポーツやゲーム、歌を通して、子供たちに海の生き物やリサイクルについて楽しく教育を行なっています。

かつて弁護士の勉強をしていたOgunyeさん。自然環境に対する情熱を次世代に伝えたいという自らの想いに気づき、7年前に慈善団体の設立を決心。ベンチャーとして誕生したのがキッズ・ビーチ・ガーデンでした。

弁護士の勉強に疲れた時、いつもElegushiビーチでリフレッシュしていた彼女は、ビーチがとても汚れていることに気づき、行動を起こします。ボランティアに登録し、ビーチを清掃。リサイクル可能なゴミを選別していきました。

しかしほどなくして、彼女は「ビーチ清掃と一緒にウミガメを救済する必要がある」ことに気づきました。

というのも、卵からかえった赤ちゃんカメは、ゴミに巻き込まれると方向感覚を失い、海に帰れず命を落としまてしまうのです。さらに「ウミガメは、本来のエサだけでなく、たくさんのプラスチックを食べています」と彼女は言います。

日本にもビーチ清掃団体・ボランティアがたくさんあります!参加してみると、いろんな出会いや気づきがありますよ。

lessplasticlife

プラなし生活では、プラスチックをなるべく使わずに過ごすためのヒントをシェアしています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

出来るだけプラスチックを使わない生活をするためのヒントやアイテムをご紹介します。毎日ほんのちょっとずつプラなしに。
ABOUT

最新記事