シンプルが1番!プラなしで「生ゴミ」を片付ける方法

生ゴミ
プラなしのススメ

料理をしていると必ず出る生ゴミ。
三角コーナーや使い捨ての水切りバッグ、シンクのゴミ受け用のネットなど、プラスチック製のアイテムを数多く使ってしまいがちです。

ここではプラスチック・フリーで、もっとシンプルに生ゴミを片付ける方法をお伝えします♪

プラスチックだらけのゴミ処理アイテム

毎日の生ゴミ処理のために買う使い捨てアイテムは、ほとんどがプラスチック。私たちが消費すればするほど、使い捨てプラスチックの生産が減ることはありません。

三角コーナー

プラスチック製ではなく、ステンレスのような金属製を使いましょう。お手入れしやすい物もありますが、こまめにお掃除しないと不衛生だし、シンクが狭くなってしまうことも。

水切りネット・バッグ

ストッキングタイプや不織布が代表的ですが、これらはプラスチック製の繊維でできています。細かい繊維はマイクロプラスチックとしてキッチンから流れ出ます。小さすぎるので、下水処理場をすり抜けて海に流れ出てしまうんです。
自治体によってはプラスチックに分類されますが、生ゴミに使うのに分別できませんよね…。

ポリ袋

生ゴミを入れる袋として、お店で必要以上にもらったり100円ショップで買ったりする人も多いのでは?通気性がないので生ゴミの水気が切れず、悪臭の原因に。

アイテム不要!基本の生ゴミ片付け

生ゴミ_キッチン

プラスチックのアイテムを一切使わない、超シンプル生ゴミの片付け方法。2ステップでできます♪

STEP1. 生ゴミは直接シンクのゴミ受けへ

シンクのゴミ受けにはネットなど被せず、直接ゴミを入れてこまめに捨てます。その際、「ゴミ受けの蓋」を取ることをオススメします♪
「え!ゴミ受けの中身が丸見えになるじゃん!」と思われるかもしれません。でも、それがいいんです。まとめると、次のようないいことがあります♪

  • 中身が見えるからこまめにゴミを捨てる習慣がつき、清潔な状態をキープできます。
  • 料理した直後だったらニオイやぬめりもなくて、片付けやすい。
  • 使い捨てネットを買う必要がなく、節約になります。

ゴミ受けは、ステンレス製で浅型のタイプが使いやすいですよ。

【Recommended Item】ステンレス製のゴミ受け(浅型)
※ご自宅のシンク排水口のサイズをご確認ください

 

STEP2. 生ゴミは新聞紙に包んで捨てる

シンクのゴミ受けにたまった生ゴミや、調理中に出たその他のゴミは、ビニール袋ではなく新聞紙に包んで捨てましょう。

  • 新聞紙を使うことで、嫌なニオイを防げます。
    (→生ゴミを濡れた状態で放置すると悪臭が出てきます。新聞紙で包むことで水分が吸収され、ニオイ防止になりますよ♪)
  • ゴミ処理場で効率良く焼却できます。
    (→濡れた生ゴミを燃やすと焼却温度が下がり、エネルギーのロスにつながります)

新聞紙でゴミ袋を作って、その中に捨てると簡単ですよ!もし新聞紙がなければ、広告や不要な雑誌を使ってみてください。新聞紙でゴミ袋の作り方は下の記事を参考にしてくださいね。

ステンレス製の三角コーナー

「やっぱり三角コーナーが必要!」という場合は、ステンレス製のものを使いましょう。
三角コーナーに生ゴミを直接入れて、こまめに新聞紙に包んでポイ!水切りバッグに長時間放置するより清潔ですよ。

【Recommended Item】ステンレス製の三角コーナー

 

生ゴミの扱いをちょっと楽にする3つの工夫

生ゴミ

 

基本の片付けにちょっとした工夫を加えてみて。使い捨てプラスチックのアイテムがさらに不要になっていきます!

野菜は皮や芯まで使い切る

  • 野菜は皮の方に栄養が詰まっています。にんじん、じゃがいも、大根、かぼちゃ、ごぼう、しょうがなどは、皮を剥かずに使ってしまいましょう。
  • キャベツの芯も栄養たっぷり!薄く切ることで火が通りやすくなり、普通に食べれます。

他にも、皮や芯まで使える食材がたくさんあります。ゴミの量も減って一石二鳥♪

肉・魚の生ゴミは冷凍

肉や魚を下処理した時の生ゴミ。ゴミ捨ての日まで冷凍庫で保管しておくと、傷むことなく捨てられます。新聞紙に包んで、使い終わったジッパー付きのプラスチック袋(シリアルなどの空袋)に入れて冷凍庫へ。プラスチック袋は洗って何度も使いましょう!

重曹&クエン酸でニオイ防止

生ゴミのニオイ防止に、重曹やクエン酸を使うといいですよ。粉のまま生ゴミにパラパラと振りかけます。魚の生臭いニオイにはクエン酸が効果的!
【Caution!!】塩素系漂白剤など使ったところにクエン酸をかけるのは絶対に避けて!有毒ガスが発生します!

Today’s Plastic-Free Girl!

“私たちが毎日実行できること!
ここにあるのは、プラスチック・フリーな生活を送る手助けになるいくつかのヒントです。今週、私たちのライフスタイルにどんな小さな変化が起こせるか考えてみよう!”

日常の中で、使い捨てのプラスチックを避ける工夫はたくさんあります!
イラストでは、次のヒントが描かれています。
・マイ・カトラリーやマグカップ、マイ・ボトル(ステンレスorガラス)を持ち歩く。
・何度も使えるショッピングバッグでお買い物。車の中などにいつも置いておく。
・買い物では商品をポリ袋に入れない。
・ファスト・フードのことは忘れて、自宅やレストラン(持ち帰りじゃないお店)で食事する。
・ガラスのジャーを使う。
・ランチは繰り返し使える保存容器に入れる。
・このヒントを友達にシェアする。
意識すると習慣になっていきます。生活の中に気軽に取り入れてみてください♪

Yoko Koga

一児の母。海のプラスチック問題を知るきっかけとなるお仕事にめぐり合い、プラスチックを使わない生活を少しずつ実践中です。プラごみをなるべく出さない生活。工夫次...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧