• HOME
  • ブログ
  • NEWS
  • 海鳥にプラスチックの有害物質が蓄積 調査対象の4割から検出

海鳥にプラスチックの有害物質が蓄積 調査対象の4割から検出

海鳥
NEWS

東京農工大と北海道大のグループは、「調査した海鳥の約40%が、プラスチック由来の有害物質を体内に蓄積させていた」ことを1日までにまとめました(日本経済新聞 Oct 2018)。

研究グループは、オオミズナギドリやクロアシアホウドリなど、世界の15地域(日本近海、グリーンランド、ガラパゴス諸島、ハワイ、ベーリング海、オーストラリア近海など)に生息する37種150羽を調査。

このうち、新潟県・粟島を含む12地域の23種46羽から、残留性有機汚染物質(POPs)として規制されている「臭素系難燃剤」のほか、「フタル酸エステル」などの有害物質が検出されました。

臭素系難燃剤とは、プラスチックを燃えにくくするために添加される化学物質。摂取すると体内に蓄積し、生殖異常などの健康被害をもたらすことが報告されています。

現在、国際条約(ストックホルム条約)で一部の臭素系難燃剤の製造・使用が禁止されていますが(国立環境研究所)、海に漂うプラスチックごみの中には、規制前のものが数多く存在します。世界中の海でマイクロプラスチックとなり、海鳥や海洋生物が誤食。臭素系難燃剤などの残留性有機汚染物質は、体内で濃縮・蓄積していくことがわかっています。

グループの高田秀重教授(東京農工大)は、「特に有害物質の濃度が高い海鳥を詳しく調査し、影響を見る必要がある。」と話しています。

lessplasticlife

プラなし生活では、プラスチックをなるべく使わずに過ごすためのヒントをシェアしています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧