南米・カリブ海諸国も「使い捨てプラやめます!」

ビーチのペットボトルごみ
NEWS

今年10月、南米のベリーズとグアテマラは、国連環境計画のClean Seaキャンペーンに参加。使い捨てプラスチックの消費を大幅に削減し、マイクロビーズの使用を根絶することを目的としています(UN Environment Oct 2018)。

他の南米・カリブ海諸国もすでに参加しており、今この地域では使い捨てプラ削減に向けて大きく動き出しています。

グアテマラ

バイオフェンスを設置。(ホンジュラス、ドミニカ共和国、パナマも実施)
バイオフェンスとは、回収したプラスチックごみで作ったフェンス。川から流れてくるプラごみを収集するためのもの。

ベリーズ

2019年4月までに、使い捨てプラ(カトラリー、レジ袋、ストローなど)や発泡スチロールを禁止する。

アンティグア・バーブーダ

2016年にレジ袋禁止。ラテンアメリカ・カリブ海諸国では初めて。

チリ

2018年8月にプラスチック製の袋を法的に禁止。チリでは毎年約32億枚のビニール袋が生産され、その約90%がポイ捨てされたり、海に流れ出たりしています。

パナマ

レジ袋の使用を抑える法律を可決。企業は2年以内に段階的に廃止。

ジャマイカ

2019年にレジ袋、発泡スチロール、使い捨てストローを禁止します。

コスタリカ

2021年までに使い捨てプラを大幅削減する国家戦略を採択。再生可能で可燃性のものに置き換えていきます。

ドミニカ

2019年1月までにプラスチックと発泡スチロールの容器・器具を禁止します。

コロンビア

昨年7月、レジ袋に課税。レジ袋は一枚1ドル(20コロンビア・ペソ)で、毎年50%増額していく予定です。すでにレジ袋の35%が削減され、約360万ドルが徴収されています。

エクアドル

レジ袋、ストロー、ポリエチレンのテイクアウト容器、ペットボトルを段階的に廃止。ガラパゴス諸島をプラスチックフリーな島に変えようとしています。

ペルー

使い捨てプラ製品の製造、使用、輸入を規制する法律を制定。

ブラジル

個々の都市が独自にプラ廃止措置をとっています。サンパウロでは、2015年に店舗でのレジ袋無料配布を禁止する法律が発行されました。リオデジャネイロでは、今年ブラジルで初めてストローを禁止。レジ袋を段階的に廃止する法案も可決されました。

メキシコシティ(メキシコ)

2009年に店舗でのレジ袋無料配布を禁止。

ブエノスアイレス(アルゼンチン)

2017年1月から、全てのスーパーマーケットでレジ袋の使用・販売を禁止。

これら地域には、強固なリサイクルセクターが不足しています。この地域で発生したゴミの約3分の1は、屋外や自然の中に投棄されています。毎日145,000トンの廃棄物が不適切に処理され、リサイクルや回収によって再利用されているのはたったの10%です。

lessplasticlife

プラなし生活では、プラスチックをなるべく使わずに過ごすためのヒントをシェアしています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

出来るだけプラスチックを使わない生活をするためのヒントやアイテムをご紹介します。毎日ほんのちょっとずつプラなしに。
ABOUT

最新記事