かわいくプラなし!天然素材の「ミツロウラップ」

ビーズワックス
PLASTIC-FREE ITEMS

食品の保存によく使われるプラスチック製のラップ。

燃やすとダイオキシンの発生につながることが、過去に問題になりました。現在ではより環境に配慮されたプラスチック製ラップが開発されています。しかし、様々な添加物が使われていたり、使い捨てであることに変わりはありません。

ここでは、そんなプラスチック製ラップの代わりに使える「ミツロウラップ」についてお伝えします!

天然素材のラップで繰り返し使えます

ミツロウラップは、布(コットン)にミツロウ・植物性オイル・天然樹脂を染み込ませたラップのこと。手の温度で柔らかくなって、冷えると固まる性質があります。実は大昔から使われているんです。

100%天然素材なので、生物分解されて土に還ります。有害物質も一切含まれていませんので、自然にも身体にも優しいフードラップなんです。

ミツロウラップのここがスゴイ

①洗って何度でも使える

水で優しく洗って、繰り返し使えます。乾きも早いので、お手入れ簡単!

②抗菌・防腐作用がある

ミツロウや植物性オイルには抗菌作用があります。普通のラップと同じように、食品を新鮮に保ちます。

③適度な通気性がある

プラスチック製のラップは通気性が悪く、食材の呼吸を妨げてしまいます。ミツロウラップには適度な通気性があるので、自然な状態で保存できるんですよ。

化学成分でできた使い捨てラップ

プラスチックフィルム

プラスチック製ラップは、主にポリ塩化ビニリデン、ポリエチレン、ポリ塩化ビニルなどが原材料になっています。ラップとしての機能を高めるために、様々な添加物が使われているのはご存知ですか?(気になる人は、パッケージを見てみてください…)

そして、一度使ったらすぐゴミに。安くて便利で使いやすい反面、健康やゴミとして出た後のことを考えると…。気がかりな面が多々あります。

ミツロウラップの主な使い方

生肉や生魚、酸の強い食材以外なら、普通のラップと同じように包むことができます。もちろん器の蓋としても使えます。手の温度でミツロウが柔らかくなるので、いろんな形にフィットするんです!代表的な使い方は次の3つになります。

①器に入った残り物にラップする

②使いかけの野菜や果物・チーズをラップして保存する

③パンやお菓子を包んで保存する

注意!ミツロウは熱で溶けちゃいます

ミツロウの特性上、熱を当てると液体状になって溶け出してしまいます…!次のことに注意しましょう。

①熱湯消毒ができないので、肉や魚は直接包めない

②ミツロウが溶けるので、酸味の強い食材を直接包めない

③ミツロウが溶けるので、お湯で洗ったりや電子レンジで使えない

アウトドアやパーティに♪ 使い方いろいろ

・アウトドアに

おにぎりやサンドイッチを包んだり、使い捨ての紙皿の代わりにもなりますよ。折り紙の要領で箱を折れば、小物入れとしても使えます。

・持ち寄りパーティやおすそ分けに

お呼ばれした持ち寄りパーティ。自分で作ったお料理やテイクアウトしたものに使うと、個性が出て楽しい気分に。おすそ分けをラッピングして、ミツロウラップごとプレゼントするのも素敵です!

ミツロウラップ

カワイイ!専門店のミツロウラップ

ミツロウラップの専門店を3つご紹介します。様々な使い方のヒントになる、ショップのInstagramも必見です!

Bee Eco Wrap

とてもカラフルでオシャレな柄のミツロウラップがたくさん!S(約18cm x 18cm)からXL(約43cm x 43cm)までサイズも豊富です。

Honey wrap

ニュージーランドのミツロウラップ店。日本でも通販サイトを通じて購入できます。こちらも色々な柄があって迷ってしまいます。

aco wrap

こちらのミツロウラップは日本製。シンプルで落ち着いた色味が素敵です。丸型なので、器や野菜の切り口などに使いやすいですね。

自分でも作れます!

「かわいいけど、結構いい値段するじゃない…」と思っているあなた!コットン布とミツロウがあれば、誰でも簡単に作れます。天然樹脂を入手するのが難しいので密着性は落ちますが、十分に活用できますよ。

お好みでホホバオイルやココナッツオイルなどの植物性オイルを加えることで、さらに抗菌作用が高まります。作り方はこれから公開していく予定です!お楽しみに♪

Yoko Koga

一児の母。海のプラスチック問題を知るきっかけとなるお仕事にめぐり合い、プラスチックを使わない生活を少しずつ実践中です。プラごみをなるべく出さない生活。工夫次...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧