クラシックな「両刃カミソリ」が素敵!ムダ毛をプラなしで処理する方法

ステンレスの両刃カミソリ

自宅でのムダ毛処理によく使われる「プラスチック製のカミソリ」。

永久脱毛しない限り、女性にとっては日常的に欠かせないものですよね。

でも、一度剃れなくなるとゴミになって捨てられます。

今回は、プラスチックを使わないムダ毛処理の方法と、ステンレス製の両刃カミソリをご紹介します!

プラスチックフリーにムダ毛を処理する8つの方法

電気シェーバーをする足

使い捨てカミソリがなくても、様々な方法でムダ毛をケアできます。

プラスチックフリーにできる方法を、一度おさらいしておきましょう!

脱毛

脱毛方法特徴
脱毛クリニックでレーザー脱毛高額だけど永久脱毛が可能!
エステサロンで光脱毛永久脱毛はできない。美肌効果あり。
家庭用の脱毛器永久脱毛はできない。自宅で好きな時にできる。

脱毛なら、クリニックでしっかり永久脱毛するのがおすすめ!

近頃はかなりリーズナブルな価格で脱毛できるようになっています。

エステサロンでも一時的にツルツルになりますが、永久脱毛ではないのでまた生えてきます。

長い目で見れば、クリニックに通う方が費用を最小限に抑えられます。

シェービング

シェービング方法特徴
電気シェーバー手軽だけど剃った後が目立ちやすい。替え刃が高い。
ステンレス製の両刃カミソリ仕上がりがきれいでコスパがいい。刃の交換が必要。
ステンレス製の直刃カミソリ刃の交換が不要。数ヶ月に1度、刃を研ぐ必要あり。

自宅でシェービングするなら、電気シェーバーよりカミソリの方がキレイに仕上がります

というのも、カミソリは深剃りができるので毛の断面が目立たないんです。あとは、何と言ってもコスパがいいのが魅力。

このあとご紹介する「ステンレス製の両刃カミソリ」は、長く清潔に使い続けられて、見た目もステキなんですよ♪

その他のムダ毛処理

その他の方法特徴
ピンセット時間がかかるけど確実。眉や口元など狭い範囲に有効。
シュガーワックス(脱毛ワックス)短時間で済むけど痛い。手作りなら低コスト。

手作りの「シュガーワックス」なら、パッケージフリーなので完全なプラなしが可能です。

シュガーワックスとは、砂糖・水・レモン汁を煮詰めて作ったもの。古代エジプト発祥の脱毛方法なんですよ。

ステンレス製の「両刃カミソリ」を使ってみました!意外と簡単に剃れます

ステンレスの両刃カミソリ

両刃カミソリってご存知でしょうか?

主に男性の髭剃りに使われる、昔ながらのカミソリです。

見ておわかりの通り、ピカピカのステンレス。クラシックなデザインがとても洗練されていますよね!

両刃なので、どちら側からでも使えて長持ち。

切れ味が悪くなったら、ホルダーを開いて刃を取り替えます。

プラスチックの使い捨てカミソリと違って、替え刃だけ常備しておけばずっと使えるんです!

オススメは「ミューレの両刃カミソリ」。丈夫なドイツ製です。

使い方

両刃カミソリは、男性の太くて濃いヒゲもツルツルにしてしまうほど、その剃り味は抜群です。

「あまり見慣れないし、間違ったら血まみれになりそう…!」なんて思っていましたが、使い捨てカミソリと同じような感覚で使えます。

むしろ少ない回数できれいに剃れるので、肌への負担が抑えられていい感じ♪

使い方もいたって簡単です。

\刃の付け方/

  1. 持ち手を回してヘッドを外す
  2. ヘッド上部のネジ位置に合わせて刃を取り付ける
  3. ヘッドを戻し、持ち手を回して固定する
ヘッドを外した両刃カミソリ

ヘッドを外した状態。一番上は替え刃です。

替え刃をセットした両刃カミソリ

ヘッドのネジ穴に合わせて替え刃を乗せた状態。

替え刃を取り付けた両刃カミソリのヘッド

ヘッドを戻して固定した状態。チラッと刃が見えています♪

\剃り方/

  1. シェービング石鹸をよく泡立てて肌になじませる
  2. カミソリのヘッドを30度くらいの角度で肌に当てて毛の流れに沿って優しく剃る
両刃カミソリの肌への当て方

このくらいの角度で肌に当てる。

力を入れず、カミソリの重さですーーっとなでるように肌の上を滑らせます。これだけでキレイになるのでびっくり!

強いて言うなら「刃を当てる角度」に気をつけること。何度か剃ってみると、ジャストな角度がわかってきます。

腕と脚は上記のやり方で肌を傷つけることなくシェービングできました♪

注意点

  • 使う際は横滑りさせないこと!肌が切れる恐れがあります。
  • カミソリを持つ手が滑らないように注意してください。
  • 使った後は、水気を十分に拭きとってください。浴室に放置するのもNG。刃の磨耗の原因になります。
  • 子供の手が届かない場所で保管してください。

カミソリには「シェービングソープ」や「植物性のオイル」を使おう

シェービングソープをおすすめしますが、なければ普通の石鹸でも大丈夫です。

しっかり泡立てて、最後はローションやクリームなどで丁寧に保湿してくださいね。

↑紙の外装がGood♪ 1つで1年くらいもつそうですよ!香りはアロエベラ・サンダルウッド・シーバックソーンの3種類。

市販のオリーブオイルでも代用できます。

ホホバオイル、グレープシードオイル、ココナッツオイルもOK!さらっとしているので、オリーブオイルに混ぜて好みの使用感に調整してみるといいですね。

両刃カミソリのQ&A

Q. ワキや顔にも使える?

ワキにも使えます。場所によっては剃りにくいので、片方の手で皮膚を伸ばすようにするとうまく剃れますよ。慎重に行いましょう!顔は、頬や額などの面積が広い部位に使えます。

Q. 刃の交換時期はどのくらい?

人によってムダ毛の量や剃る頻度が違うので一概に言えませんが、刃を毎回きちんと乾かしていれば、半年に1回の交換ですみます。

Q. 使い終わった刃はどうやって捨てるの?

多くの自治体では「燃えないゴミ」として扱っていますが、使用済みカミソリとして独自の回収ルールを定めている場合もあります。不明な場合は自治体に問い合わせてみてください。

回収する人がケガをしないよう、厚手の紙やガムテープで包むなどの配慮も必要です。「カミソリ」など注意書きがあればさらに親切ですね♪

Q. 機内に持ち込めるの?

刃を取り外せば機内に持ち込めます。

カミソリ本体ごと手荷物として預けるか、刃だけ現地で購入する手もあります。

両刃カミソリなら、家に1つあれば家族みんなで使えます。
お父さん用・娘用…などと、使い捨てのものを買い込む必要がなくなります。
ゴミが減って、しかも経済的。海外の女性たちも愛用者が多いんですよ。
ぜひ取り入れてみてください!