「歯磨き粉&マウスウォッシュ」も脱プラ!DIYで作る簡単レシピ

手作りの歯磨き粉とマウスウォッシュと竹歯ブラシ

歯磨き粉をプラスチックフリーにしたいけど、どこを見てもプラスチックのチューブばかり!

マウスウォッシュなんて、立派なプラスチックボトルのオンパレードですよね。

でも大丈夫です。歯磨き粉やマウスウォッシュは、誰でも簡単に脱プラできます!

準備するのは4つの材料と容器のみ。混ぜるだけのシンプルレシピなので時間もかかりませんよ。

プラスチックまみれな歯磨き粉&マウスウォッシュ

ドラッグストアに陳列された歯磨き粉

市場に出回っているたくさんの種類の歯磨き粉。

どれもプラスチックのチューブにキャップ!さらにキャップが開かないよう、フィルムでカバーされています。

外箱に入っている商品も多いですよね。開けたら捨てるだけの箱に、何の意味があるのでしょうか。もはや広告のためとしか思えません(TWILAB / なぜ歯磨き粉は箱に入って売られているのか)。

ドラッグストアに陳列されたマウスウォッシュ

マウスウォッシュもプラスチックだらけ。どれもこれも立派なボトルに入り、「売上No.1!」などの宣伝文句が書かれたシールまで貼ってある始末。

毎日使うものなのに、プラスチックまみれの商品以外に選択肢がありません!

市販の歯磨き粉にマイクロプラスチックが入っていました

化粧品に含まれるマイクロビーズ

すでにご存知かと思いますが、歯磨き粉の研磨助剤として「マイクロビーズ」(5mm以下の固形プラスチック粒子)がつい最近まで使用されていました。

排水されたマイクロビーズは、下水管を通って廃水処理施設へ。

あまりにも小さいので施設内では除去できず、そのまま海に流れ出ます。

マイクロビーズが海の食物連鎖に入り込む可能性があること、また人体への影響が懸念されたことから、2014年ごろから世界中で大きな問題に。

国内メーカーもその対応を迫られ、2018年末までに(ついこの間!)歯磨き粉や洗顔料のマイクロビーズは廃止または代替素材に切り替わりました。

ただし、化粧品については微細なプラスチックが今でも多くの商品に含有されています(美肌マニア / ポリエチレンを含む化粧品)。

プラスチックフリーで安全な歯磨き粉&マウスウォッシュを作る!

パウダー状の歯磨き粉と竹歯ブラシ

自分で作ることで、パッケージのプラごみを消費を最小限に抑えることができます。

また多くの市販品には人工甘味料や合成界面活性剤など、気がかりな添加物がたくさん。

ここでは、自然素材だけで作る歯磨き粉とマウスウォッシュのレシピをご紹介します!

【歯磨き粉】ホワイトカオリンで優しく歯磨き

ホワイトカオリン(ホワイトクレイ)の歯磨き粉。

汚れを吸着し、殺菌作用やホワイトニング効果も期待できるんですよ。 マイルドな研磨力で歯にも安心です。

①「カオリン × 植物性グリセリン」タイプ

\ 材料 /

  • ホワイトカオリン:大さじ2
  • 水:小さじ1
  • 植物性グリセリン:小さじ1弱
  • ミントの精油:3滴~(お好みで)

作り方は、すべての材料を混ぜるだけ。

分量はあくまで目安です。甘みが欲しい時はグリセリンを多めに。

好みのペースト状になるよう水の量を調節してみてください!

参考:ナチュラルライフ

植物性グリセリンタイプの歯磨き粉の材料

 

出来上がった植物性グリセリンタイプの歯磨き粉

味は市販の歯磨き粉と似ています

②「カオリン × ココナッツオイル」タイプ

ココナッツオイルは抗菌、歯茎の強化、抗炎症作用がある天然オイル。

甘い香りがするので、好き嫌いが分かれるところでもあります。(筆者は大好きです!)

\ 材料 /

  • ホワイトカオリン:大さじ1
  • ココナッツオイル:大さじ2
  • ミントの精油:3滴~(お好みで)

これもすべての材料を混ぜるだけ。

分量はあくまで目安です。好みのペースト状に調整してみてください!

ココナッツオイルタイプの歯磨き粉の材料

 

出来上がったココナッツオイルタイプの歯磨き粉

WECKの蓋を背中合わせに重ねるとちょうどいい容器に。

手作り歯磨き粉の注意点

  • 少なめに作って、なるべく早く使い切るようにしてください。
  • グリセリンは「植物性グリセリン」を使ってください。
  • 少量で十分磨けます。毎回の使用量は歯ブラシの先にちょんとつける程度でOK!
  • 重曹のレシピもありますが、研磨力が強いため毎日の使用にはお勧めできません。

【マウスウォッシュ】重曹とミントでお口さっぱり!

重曹うがいは口臭や虫歯予防に効果的!

口の中が酸性に傾くと、口臭や虫歯のリスクが高まります。重曹は弱アルカリ性。重曹うがいをすることで、口内を中和できるんです。

\ 材料 /

  • 一度沸騰させた水:100ml
  • 重曹(食用):ティースプーン1杯程度
  • ミントの精油:5滴
  • ティーツリーの精油(あれば):1滴

すべての材料を混ぜるだけ!重曹はきれいに溶かしきってください。

使い方はコップにマウスウォッシュを少量注ぎ、必要なだけ水を入れて30秒ほど口の中をゆすぎます。

参考:Milena Glimbovski, Ohne Wenn und Abfall: Wie ich dem Verpackungswahn entkam

マウスウォッシュの材料

ガラス瓶は100円ショップで購入

手作りマウスウォッシュの注意点

  • 重曹は食品グレードのものを使ってください。
  • なるべく1週間ほどで使い切ってください。
  • 重曹はしょっぱいです。特にお子様や塩分を控えている方は誤って飲み込まないよう注意してください。

まとめ

プラスチック包装以外の選択肢がない歯磨き粉&マウスウォッシュ。

自然素材で手作りすることで、プラごみを減らす方法をお伝えしました。

直接口にするものだから(しかも毎日!)、健康にも気をつけたいですよね。

ここで使った材料は、手作りコスメやお料理に使い回せるものばかり!ぜひ他のレシピにもチャレンジしてみてくださいね。